2010年05月26日

サッカー岡田監督が土壇場で迷走

サッカーワールドカップ日本代表が、本番直前に宿敵・韓国代表

と対戦しましたが、いいところなしの結果に終わってしまい、

サッカーファンを落胆させています。



0対2で敗れた韓国との壮行試合ですが、試合終了後、岡田監督

はファンへのあいさつを放棄し、代わりにチームリーダーの

川口選手がスタンドのファンにあいさつをおこないました。



それどころか、岡田監督が犬飼会長へ「進退伺」をおこない、

協会、選手、サッカーファンたちを大いに混乱させています。



今まで何度も、監督としての手腕を疑問視されてきた岡田監督

ですが、どれだけメディアやファンに叩かれても、辞任について

は一切否定してきました。それがワールドカップ直前に、

代表選手も自分で選別して、自分のこだわりを貫き通した

上での進退伺です。これはもう敵前逃亡と取られても

仕方がありません。



代表メンバーを決定する前に辞任してくれれば、まだ望みを

繋ぐことは可能でしょうが、ここで監督に匙を投げられたら、

今年のワールドカップはその時点で終了です。



一方、韓国では宿敵の日本を完璧に下したということで、

ワールドカップ直前に大変な盛り上がりを見せています。

先制点を奪って2対0で日本に完勝、先制点を日本から

奪った試合で負けなしの韓国ですから、これは本番に

向けて、いい弾みがついたことは間違いありません。

もっとも、日本相手に勝ったくらいでは、あまり自慢には

ならないと思います。今の日本代表より強いJリーグの

チームがどれほど存在することか。



ともあれ、岡田監督の敵前逃亡に等しい進退伺の波紋は、

まだまだこれから大きく広がっていきそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


----------PR----------



鍼灸院 資金計画 習志野市


鍼灸院 資金計画 八千代市


鍼灸院 資金計画 船橋市


鍼灸院 資金計画 市川市


鍼灸院 資金計画 浦安市


鍼灸院 融資相談 千葉市 花川区

  


Posted by amezari at 20:47

2010年05月17日

アトランティスが最後の宇宙飛行に出発

アメリカで打ち上げられたスペースシャトル「アトランティス」

が、16日の早朝、国際宇宙ステーションへのドッキングに

成功しました。



フロリダ州にあるケネディ宇宙センターから打ち上げられた

「アトランティス」は、今回の打ち上げを最後に退役となる

予定です。退役の理由は機体の老朽化だそうです。



1985年に最初のフライトを経験した「アトランティス」は、

それ以降、金星探査機の「マゼラン」や、木星探査機「ガリレオ」

を運ぶなど、さまざまなミッションをこなしてきましたが、

安全な航行、という面で考えると、やはり早めの退役を選択

せざるを得ないのかもしれません。莫大な費用をかけて製作して

いるスペースシャトルだけに、もったいないような気もしますが、

やはり安全には代えられません。



今回、「アトランティス」に搭乗している6人の宇宙飛行士は、

曝露機器輸送用キャリアやロシア製の小型研究モジュール、

その他の交換部品などを国際宇宙ステーションに届ける任務を

負っています。老朽化と言われると、最後の打ち上げが心もとなく

思えたのですが、無事に打ち上げが成功して良かったですね。



さらに、国際宇宙ステーション付近を宇宙ゴミが通過するため、

回避策を検討するというハプニングもあったのですが、被害の

及ばない、十分な距離が保てるという判断が下され、回避策を

とることはなかったようですが、これも無事に回避できて

何よりです。



スペースシャトル計画が終了するまで、NASAはあと2回の

ミッションを計画しています。この後9月には「ディスカバリー」

の打ち上げミッション、11月には「エンデバー」が打ち上げられ

ます。どれも以前に打ち上げられたことのある機体ばかりですが、

これらもいずれは、退役となってしまうのでしょう。



最後のフライトとなる「アトランティス」ですが、無事に帰還した

場合は、博物館に引き取られることになりそうで、現在、展示先が

いろいろと検討されているとのことです。間近で見られる日が

楽しみですね。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


CNET JapanニュースURL


イザ!ニュースURL


ITメディアニュースURL



----------PR----------



士業 出版する


企画書 出版


経営者 出版


アスペクト 『アスペクトムック Windows7超事典完全操作テクニック1000』


三才ブックス 『三才ムックVol.289 Macステップアップガイド』


秀和システム 『はじめてのツイッタ入門 [決定版]』
















 


 


 















  


Posted by amezari at 22:27