2009年12月02日

クレヨンしんちゃんの新連載始まる

大人から子供まで楽しめる国民的人気漫画「クレヨンしんちゃん」の

続編が製作される方向で準備が進められていることが発表されました。



東京・青山葬儀所で9月に亡くなった同作の作者・臼井儀人さんの思い出

を語る会が営まれた際に、出版元である双葉社の関係者が明かし

ました。

 

「月刊まんがタウン」に連載中の「クレヨン-」は、臼井さんによる遺作

の見つかった3月号(2月5日発売)まで掲載を予定しており、オリジナル版

の連載は同号で終止符を打つ形となりますが、「新しい形での連載をスタート

させる」という意向を発表したようです。



誰が続きを書くのか…ということに注目が集まっていますが、これは臼井さん

が生前、抱えていたアシスタントたちが所属する個人の漫画工房での執筆という

形になるという説もあります。

今の段階では、続きを誰が書くかは確定していないようですが、「別の作家や

工房による新連載を視野に遺族と連載を継続する方向で話し合っている段階」

と、出版社はしています。



しかし、内容はもちろんですが、絵柄も独特のタッチですから、これを

再現することは、難しいような気がします。





漫画連載については、このような形になっていますが、すでにアニメ版の

放送継続は決定済みです。



来年度の映画版「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」

(4月17日公開)の内容も発表されました。



未来から主人公・しんのすけの花嫁・タミコがやってきて…というドタバタ

劇となるようで、とても楽しみですね。



個人的にはしんちゃんの映画版は本当におもしろいと思っています。



なお、作者の「思い出を語る会」(双葉社など主催)は、親交のあった

漫画家のちばてつやさんはあいさつで始まりました。

「初めてお会いしたのは私が教えている文星芸術大学の授業にお招きした際。

学生たちに囲まれ、サイン会のようだった。今秋の学園祭にも来てくださる

はずで、飲む約束をしていたが…」と明かしていたということです。



アニメ版の初代監督を務めた本郷みつるさんは「本当に僕たちが自由にやりやすい

ように気を遣ってくれる原作者でした」と別れを偲んでいたとのことです。







【関連ニュース】



Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


シネマトゥディニュースURL

----------PR----------


税理士事務所 帳簿 習志野市


相続税 対策 習志野市


独立起業 手続 習志野市


整骨院 融資相談 習志野市


本の出版

  


Posted by amezari at 02:48